img_20160718_090941プロバイオティクス=”腸管常在菌の細菌叢バランスを改善することにより動物に有益な効果をもたらす生きた微生物”という概念は古くからあるようなのですが、特にお年寄りや子供さんなどには有効で、また抗生剤が使いにくい場合にはとくに有効なようです。右にあるのはある病院での掲示物ですが、ヤクルトによるプロバイオティクスセラピーの例です。免疫力を増強するために、毎朝一本ヤクルトを飲むそうです。その費用は病院で負担していただけるとのこと。大きな病院ですから効能等が十分にあると考えられての導入なのでしょう。

すばらしい~~~