広島県福山市の歯科医院
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • CT

CT

歯性上顎洞炎について

本院でもCTを導入してから、時間がたつが、CTを撮影してみると、歯性上顎洞炎という病気が意外に蔓延していることがわかる。原因は色々考えられるが、考えられるのは、”根管治療の成功率の低さ”だと思う。次に考えられるのは”耳鼻 …

近心頬側第2根管の探索 (Er:YAGレーザーの応用1)

タイトルの通りなんですが、歯根の中の細い、細い空間のお掃除です。CTなどでまあ、予測はつくのですが、掃除はかなりむずかしい、汚れとかセメントとかを切削器具で掃除すると、切削片がつまるし、あまり水がでると視野が取れないし、 …

歯性上顎洞炎?

CTを撮らせていただくと、思いがけないものが映ることが多々ある。特に上顎の6番ではある。この歯に根尖病巣があると、歯の症状はなくとも鼻に症状が出ることがおおく、鼻炎が引かないとかの、上顎洞炎の原因となる(歯性上顎洞炎)。 …

こんな苦労をしても

文字通りこんな苦労をしても、無駄だったお話、 右下7番の近心根に何やらあります(黄色の矢印)。これを除去するのは、普通は無理です。根尖に病巣もあり(緑矢印)、痛みがあるようなので、この痛みをとるためには、 素直に抜歯 い …

CTとマイクロのコンビネーション その4

大学の同期の先生からの紹介でした。ある患者さんが症状がひかないので困っていると、、、(治療したのはまた別の先生で、患者さんから、相談をうけたらしい、)でなぜか、まわってきたと、  来る者は拒まず、ただ直すのみですね。 & …

CTとマイクロのコンビネーション その3 MTA使用

嘘のように聞こえるホントの話なのですが、、  患者さんによると、この歯15年近く調子が悪かったらしいです。”これ以上どうにもならないので、次回、冠を入れます”、と宣言されて困って転医された様子です。パノラマでは一見、絶望 …

CTとマイクロのコンビネーション その2

今回もCTがなければ診断が困難で、マイクロがなければ治療できなかった症例です。 術前ですが、右上6番に違和感、咬合痛がありました。口蓋根には破折したポストも残っていましたが、これは難なく除去できました。根管も全部きれいに …

CTとマイクロのコンビネーション その1

当院でもCTを導入しましたが、特にマイクロとのコンビネーションで、従来では解決困難な症例が直せるようになりました。  たぶん前の先生も頑張られたと思うのですが。 3か月ほど根管治療を行い、根管が見つからなかったので諦めて …

CT 撮影依頼

CT の撮影依頼をお受けします。 1.患者さまに CT 撮影依頼の旨を御説明いただき、本院にお電話の上撮影日の御予約をお取り下さい 2.CT 撮影の目的、撮影部位を、本院受診の際にお知らせくださいますようお願いいたします …

アーカイブ

Copyright © いとう 歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.