広島県福山市の歯科医院
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 根管治療

根管治療

Er:YAGレーザーによるう蝕除去

Er:YAGレーザーにて、う蝕除去を行っています。このう蝕除去はいわゆる切削器具で削る場合と違い、音がしない、痛みがでにくい(出ないわけではない)細い、狭い場所を切削できる、スミヤー層が出ない。という特徴があります。 特 …

感染根管治療 と 抜髄

右下の7番のカリエスで、他院よりの依頼です。また、6番にも大きな病巣が見られます。パノラマX線でここまで明瞭に見られるのは珍しいんではないかと思います。7番については、根管がかなり曲がってますが、最初の段階からきちんとす …

近心頬側第2根管の探索 (How to use the …)

今回も、近心頬側第2根管(MB2)のお話、近心頬側第二根管の発現率は、40%~70%といわれているが(数々の報告があり、人種や年齢でも違う。)、最近の自分の感覚ではやはり、60%程度はあるのではないかと感じる。とくに感染 …

近心頬側第2根管の探索 (Er:YAGレーザーの応用2)

        これも、狭い根管上顎の6番近心頬側第2根管をEr:YAGレーザーにて探した症例、向かって左のほうに、探したい場所があります。この根管はすでに、専用の超音波スケーラー …

歯性上顎洞炎について

本院でもCTを導入してから、時間がたつが、CTを撮影してみると、歯性上顎洞炎という病気が意外に蔓延していることがわかる。原因は色々考えられるが、考えられるのは、”根管治療の成功率の低さ”だと思う。次に考えられるのは”耳鼻 …

近心頬側第2根管の探索 (Er:YAGレーザーの応用1)

タイトルの通りなんですが、歯根の中の細い、細い空間のお掃除です。CTなどでまあ、予測はつくのですが、掃除はかなりむずかしい、汚れとかセメントとかを切削器具で掃除すると、切削片がつまるし、あまり水がでると視野が取れないし、 …

歯性上顎洞炎?

CTを撮らせていただくと、思いがけないものが映ることが多々ある。特に上顎の6番ではある。この歯に根尖病巣があると、歯の症状はなくとも鼻に症状が出ることがおおく、鼻炎が引かないとかの、上顎洞炎の原因となる(歯性上顎洞炎)。 …

こんな苦労をしても

文字通りこんな苦労をしても、無駄だったお話、 右下7番の近心根に何やらあります(黄色の矢印)。これを除去するのは、普通は無理です。根尖に病巣もあり(緑矢印)、痛みがあるようなので、この痛みをとるためには、 素直に抜歯 い …

CTとマイクロのコンビネーション その4

大学の同期の先生からの紹介でした。ある患者さんが症状がひかないので困っていると、、、(治療したのはまた別の先生で、患者さんから、相談をうけたらしい、)でなぜか、まわってきたと、  来る者は拒まず、ただ直すのみですね。 & …

MTA

MTAとは mineral trioxide aggregate の略であり、今現在では最も根管治療等に使用した場合に予後がいいと思われる、大変すばらしい材料です。 反面、非常に高価である、充填操作が困難、保険算定(覆髄 …

Page 1 / 3123

アーカイブ

Copyright © いとう 歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.