歯科医師過剰1

最近、TVを見てると弁護士事務所さんのCMをみかけるようになりました。今は”弁護士過剰問題が新しいらしい。

これはどうやら司法制度改革により司法試験の合格者が500名程度だったのが、1300名ぐらいに増員されたらしい。確かにこんなに数が増えると、いろんな問題がおこると思います。需要と供給のバランスが崩れ、過当競争がおきるとどうなるか?しかも絶対に正義の味方と信じている業界に、、、

しかし、この手の道は今まさに歯科医師過剰時代でみてきたデジャブであるように思います。 歯科医師過剰問題については僕自身は市場の競争原理が働くことにより、”患者さんから見たら、自分にあった歯科医師先生を選べるし、歯科医師側も患者さんのために切磋琢磨し、自己研鑽を積むようになるし、いいことなんではないか”と思ってました。しかし、ながら事態はそれほど単純なものではなく、様々な問題を抱えています。これについてはWiKipediaによくまとめられています。(読んで感心しました)

さらに、歯科医師過剰時代を乗り切るためにどの医院も大変なのでしょうが、最近では少しモラルハザードではないかと思われる事例もあるように思います。

たとえば、イベントと称して衛生士さんが浴衣とかクリスマス仮装で診療するらしいのですが、、、それが患者さんのためにどれだけ役に立つのか良くわかりません。 まあ、患者さんのリラックスのためでしょうか。

あと、びっくりしたのが、衛生士さんが問診で患者さんに堂々と”以前はどちらの歯科医院に言ってましたか?”って聞くらしいです。躊躇してると”悪いようにはしませんから”とかいうらしい。これがなぜモラルハザードなの?と聞かれると理屈をうまくいえないが、とにかくいやな感じに思うのですが。 (もやもやした感じですが、そのような聞き方をするということが前医に対してかなり上からの目線のように感じるのでしょうか?)

診療にあたって現在の不満な状態を解決するの仕事なのですが、けど、前医批判をするつもりはまったくないし、前の先生もベストを尽くし、患者さんもベストをつくしたけども解決できない問題”を、解くと考えているんですが。。。

なんで、この話が”キッズクラブ”に結びつくのかといいますと、じつは、、

(以下考え中)

 

レントゲンの被爆について

 

レントゲンの被爆について

”シーベルト”という単位を最近よく聞くようになりました。

レントゲンを撮影する場合、X線を当てて撮影します。このとき、人体は放射線にさらされます。これを”放射線被爆”といいます。大量の放射線被爆は人体に有害です。ただどの程度の被爆にさらされるかが問題でその尺度として”シーベルト”という単位が用いられます。


実効線量 (mSv)
内訳
0.1 – 0.3
1回の胸部X線撮影。
0.2
東京とニューヨーク間を航空機で1往復 (高度での宇宙線増加)。
1.0
一般公衆が1年間にさらされてよい人工放射線の限度


放射線業務につく人 が妊娠を知ったときから出産までにさらされてよい放射線の限度
6.9
CT検査1回での被爆量
10
日本国原子力安全委員会の指針での一般人の「屋内退避」
ブラジル・ガラパリで1年間に自然環境から1人が受ける自然放射線。
0.01 – 0.04
パノラマX線(大きな口腔内全体を撮影)撮影での被爆量
0.001 – 0.004
デジタルパノラマX線(大きな口腔内全体を撮影)撮影での被爆量
0.01 – 0.03
デンタルレントゲン(数歯単位の小さな)の撮影
0.001 – 0.003
デジタルデンタルレントゲン(数歯単位の小さな)の撮影

一般に、100mSvが健康被害が出始める被爆量なので歯科用レントゲンでの被爆はほぼ問題ないとおもわれます。さらに、鉛入りのエプロンで防御もしますので実質の被爆量はさらに減ります。

歯学部 学費

旺文社のパスナビってサイトで学費が検索できます。各々の大学のホームページにも記載はあります。

2011年現在、国立はどこも同じです。

私立は様々です。とりあえず高いとこと、安いとこを引っ張ってみた

明海大学の学費が初年度348万(これに諸会費等3,2000が必要ですので、合計351万2千円)が私立大学の歯学部では最安です。ちなみに2年目以降は308万円と諸会費8万の316万です。(これもソースは明海大学のホームページから)

私立歯科大学の平均が初年度で800万で、6年で総額3000万とかなので十分安いのですが、一般サラリーマンの年収を調べてみると、、、、

国税庁「平成22年分 民間給与実態統計調査」によると、平成22年(平成22年12月31日現在)の平均年収は412.0万円でした。

ま、いろんな感想が出てきますが、、、、、

入学金
授業料
初年度納入金
愛知学院大学
600,000
4,100,000
11,141,000
福岡歯科大学
600,000
3,500,000
10,000,000
大阪歯科大学
600,000
3,800,000
9,640,000
入学時の学納金合計 : 学費(前期分)+ 委託徴収金 + 共済会費 = 7,390,000円

 

初年度はあと学費後期分に2,250,000必要なので合計で9,640,000となります

 

(大阪歯科大のホームページより)
奥羽大学
500,000
3,500,000
4,050,000
朝日大学
400,000
1,900,000
3,538,500
明海大学
400,000
1,900,000
3,512,000
国立大学
282,000
535,800
817,800
2011年現在、旺文社パスナビのサイトと各々の大学のホームページより抜粋

 

国立大学の学費は1年間であることに注意、私立は半期のはず

 

特待生とかもあるかもしれないのでこれが全てではないかもしれませんがおおよそ間違いはないと思う。

SiCKO

 

少し昔のお話ですが、内容的にとても考えさせられるドキュメンタリー映画なのでここにそのレビューをおいときます。 最近は子供と仮面ライダーとか***ジャーとかの映画しか見てないので、このコラムを見返しながら、もっといい、心に残る映画を観なければと思っています。

2008年2月7日に福山歯科医師会館のアイボリーホールでマイケル・ムーア監督の映画”SiCKO”の上映会が行われました。上映開始時間がPM7:30という遅い時間ではありましたが、申し込み118名があり、110名の方が映画を見られました。さて、マイケル・ムーア監督はアメリカの銃社会に対しウリング・フォー・コロンバインという映画を、9.11のテロに対しFahrenheit9/11 、邦題”華氏911″を作成し、カンヌ国際映画祭でどちらの作品も賞を受賞しています。

ちなみにこのマイケル・ムーアさん正義感が強いのか、高校を卒業し、その年に校長と副校長の解雇を求めて教育委員会選挙に出馬し当選。任期終了までに校長と副校長は辞職した、させた?というエピソードもあるようです。とにかく、その後も直撃取材型のドキュメンタリー映画をとりまくっています。

日本の医療保険制度はWHOなどによると世界一と評価されてきたようですが、現在では医療費抑制や研修医制度改革また度をこえた医療訴訟によりその制度は揺らぎつつあります。また、一部では医療崩壊は避けられないとの考えもあります。歯科においても同様で、保険適応の幅がどんどんせばまり、一連の治療の流れの中でかんがえると、信じられないような保険の適応削除があるように思います。実際の医療の現場において、このように医療の現場のきしむ音を聞きながら考えると、この行き着く先にはアメリカのような保険制度なのかな?と思っていました。

そのように思っていたときにアメリカの医療崩壊を取り上げたSiCKOを観て見ましたが、その感想をひとことで言い表すならば悲惨そのもの。もちろんドキュメンタリー映画といいつつも、こんな考えもあるよ的な感じではなく、マイケル・ムーア監督のこちらが絶対悪でこちらが絶対正義!!的な一方的な考えも入っているんでしょうが、それを割り引いても結構悲惨な事象が連発でした。その根底には、アメリカ特有の入り口も高いが、出口も高い医療保険があり、言い換えるなら徹底した保険会社の利益至上主義があると思われます。そういわれると最近日本でも損保会社の不適切な不払いが問題になったものですが、これの誘引は2001年にはじまる保険の自由化がきっかけといわれています。言い換えるなら日本の車や、生命保険の分野ではもうその制度が一度壊れてしまったのではないでしょうか?ただ対象が車ならそんなに悲惨なことにはならないでしょうし、生命保険はもともと医療保険の足りないところを補うような第3分野保険ですから、大きな支障はないように思われます。しかし、保険の対象が直接的に命や健康になると…..考えただけでも恐ろしい。その警鐘がSiCKOなのか。

日本の医療保険制度もなにかドラスティクな改革がなければ、この先アメリカ型の医療保険制度となり、車や生命保険の不払いと同様のことがおこるのは想像に難くないと思われます。本年は診療報酬の改定があり、0.42%のプラス改定らしいですが、よろこんではいられません。そこいらのスーパーのお菓子の値上がりのほうがもっと上ですから。国も患者さんも医療従事者も3者ともに納得できる制度はないものでしょうか?

映画の後半では、イギリス、フランス、カナダそしてキューバの医療制度が紹介されました。恥ずかしながらこれらの国の医療制度がここまで整備されているとはまったく知りませんでした。特に後で調べてみるとキューバは医師が人口165人に対して一人、乳児死亡率も1,000人当たり6.5人と優秀な値です(2002年)。(ちなみに日本は3.2、アメリカは7.2。2003年)もちろんこれらの国の医療制度も負の部分がないわけでもく、日本では過去に3時間待ちの3分診療といわれたようだが、イギリスでは現在でも24時間待ちの1分診療といわれているようだ。

医療制度がどうあるべきか、この映画で道筋が示されたわけではないが、少なくともアメリカ型の医療保険制度はお金持ちの人にはどんな高度な治療も受けられる最高のものかもしれないが、貧乏な人はまともに治療は受けられないものであり、あまりうれしくない格差医療制度であるよう感じましたが、どう思うかはひとそれぞれです。

けど、日本の歯科医療の現場でも、もう、おこっているかもしれません、格差医療。 お金が沢山ある上流はインプラントで、中流ぐらいは根管治療してかぶせをいれて、下流は歯を抜いてそのまま、てな感じで。 今はまだいい、なぜなら患者さんに選択の余地があるから、もし根管治療やかぶせを入れる治療がアメリカ並みの値段になったら、どうなるのでしょう?

日本の将来がどうなるかはまったくわかりません。しかし、格差社会という言葉が聞かれ始め、医療制度もその渦に引き込まれ、どうなるんだろうこの先。とため息だけがでた映画でした。

 

 

2008・2・14 伊東孝介